修理実績

依頼者

富山県富山市のお客様

症状

パソコンを立ち上げると内部バッテリエラーが起きて時計が昔の日にち(リセット)に戻る

メーカー・機種

TOSHIBA dynabook Satellite L20(ノートパソコン)

診断結果

CMOSバッテリ劣化による内部時計リセット

修理内容

パソコンをしばらく使ってない状態で保管されていて、久々に立ち上げてみたら
エラーが表示されとりあえずそのまま進んでみると
日にちと時計がおかしいことになっているとのことでした。

エラーの内容を確認すると英語で
「CMOSバッテリの電圧が減っている」主旨が表示されています。

原因としてはエラー通りCMOSバッテリがなくなっているのですが、
このCMOSバッテリとはパソコンが起動してない状態でも
内部の時計機能を維持してる働きがあります。

通常デスクトップパソコンでしたら一般的なボタン型電池になります。
ノートパソコンの場合は一般的なボタン型電池以外があります。

20170611_1

今回の事例は写真のように、CMOSバッテリの形状が特殊になっています。
また奥深くに眠っている為、ほぼ全部ばらさないと出てこない仕様となってます。

ノートパソコンはデスクトップパソコンと違い、容易に中を開ける構造ではない為、
業者に任せた方が賢明だと思われます。
下手に分解して壊しちゃったら元も子もありませんので・・・。

 

投稿者:ECOMAX|2017.06.11 Sun

戻る