法人向けご案内

「会社のいのち」を預けるもの。だからこそ。

業務案内カタログ無料配布

今や業種に関係なく、業務に必要不可欠となったパソコン。
万能と思われがちなそれらも、機械であることに変わりありません。
いつかは壊れ、そしてメンテナンスしなければその時期は早まります。
弊社ではお客様の業務形態・内容に合わせて最適なプランとアドバイスをご提示し、迅速にご要望にお応えします。
修理、パソコン製作、ネットワーク設定、配線工事、出張設定等パソコンに関しては、全て弊社ににお任せ下さい。

業務案内カタログ

法人様向けの業務案内カタログを無料配布しております。数に限りがございますのでお早めにどうぞ!
郵送にてお送りさせていただきます。お申込みはお問い合わせフォームからご連絡下さい。

【記載内容】

P.3 パソコン修理・データ復旧
P.4 データ保護(バックアップ)・サーバー導入
P.5 ファイル共有・プリンター共有
P.6 定期メンテナンス・停電及び雷対策
P.7 オリジナルPC・中古PC
P.8 iPhone修理・パソコン廃棄

A4判 全8ページ

故障に備えてできること

いろいろな場面で活躍しているパソコンですが、ある日突然起動しなくなったり、データが読めなくなることがあります。
企業にとってデータの損失は大きなダメージを与え、重要であればあるほど今後の運営に支障を来たします。
またパソコンが使用できないこと発生するロスは、業務に大きな支障を来たします。
トラブルを想定して、日頃から準備をしておけばデータの損失・業務ロスを最小限に食い止めることが可能になります。

①データを守るために

統計によると、企業のコンピュータの約60%が重要データをクライアント(一般ユーザーのパソコン)に保存してあることがわかっています。
一般的なパソコンは、ハードディスクを1台のみ搭載しており、そのハードディスクが故障すると、OSが起動しないばかりでなくデータ損失への最悪の事態になりかねません。
バックアップをとっていれば大きな問題にはならないのですが、日頃からバックアップとっている方も少ないのではないでしょうか?
バックアップ作業も毎日となると中々できないもの。そこで自動的にでバックアップを行うシステムを弊社では提案しております。

ご提案1 バックアップハードディスクの設置

バックアップハードディスクの設置前述しましたが、一般的なパソコンはハードディスクが1台しか搭載されていません。
よくDドライブにバックアップをしてあるから大丈夫と思われている方がいらっしゃいますが、 同一ハードディスク上で仕切ってある場合がほとんどですので、本来のバックアップの意味が果たせなくなってしまいます。
左図のように日頃からバックアップをとっておけば、万が一に問題が生じた場合でも、業務への支障を最小限に食い止めることができます。
しかし、バックアップ作業も毎日となると煩わしいかと思います。
弊社では自動的にバックアップをとる設定を行っております。
普段は意識することなくバックアップがとれますので、お客様の業務が増えることはありません。
バックアップには次のような種類があります。

ハードディスク内を丸ごとバックアップする方法
これは大変メリットがあります。ドキュメントファイルはもちろんWindowsの設定環境までバックアップするので、復旧までのリードタイムが極めて低く、業務ロスを最小限で抑えることができます。
ただし、常時ミラーリング(同期)ますので、誤って消したデータのバックアップは残りません。
ちなみに弊社のクライアントパソコンはすべてこの方式でバックアップをとっております。

特定のフォルダのみバックアップする方法
設定の時間で特定のフォルダがバックアップされますので、バックアップされた時点までしか戻すことはできません。
またWindowsの設定環境は再構築が必要になります。
こちらは安価な方法ですがリードタイムが長く、復旧まではお時間がかかります。

ご提案2 サーバー機の設置

パソコンの台数が多くなってくると、上記の方法ですと各パソコンにバックアップハードディスクを設置することになり、コストもかかってしまいます。
運用方法をガラッと変えて、大切なデータは各個人のパソコンへは保存せず、サーバーと呼ばれるデータ保存専用機を設置するのも一つの方法です。
サーバーを構築することで、ネットワークを介してファイルを共有できるメリットもあります。
よくNAS(リンクステーション等)と呼ばれる安価な機器を設置しているところを見かけますが、大変トラブルが多く、多数の故障事例を見ております。
安価でお手頃ですが信頼性に乏しく、企業の大切なデータ保存は如何と思います。
弊社では信頼性の高いサーバーの設置をおすすめしております。

サーバー機一見、大型のパソコンのようですが目的は違います。各持場のパソコンと同一のネットワーク上に位置し、それぞれのパソコンからアクセスが可能です。
細やかなアクセス制限が設定でき、セキュリティ面においてもサポートします。
ハードディスクを複数台組み込んで同時にデータを保存しますので、バックアップは全てサーバー任せになります。煩わしいバックアップ操作から開放されます。

サーバー機メリット

サーバー機はデータを保護するだけでなく他にもいろいろとメリットがあります。

・ファイル共有
サーバーに蓄積されたデータは、ネットワーク上のすべてのパソコンから簡単にアクセスが可能です。
・アクセス権を細やかに設定できます。

【アクセス権の設定例】
Aさん:特定のフォルダにはアクセスできるが書き換え(編集)ができない。
Bさん:特定のフォルダを見ることすらできない。
Cさん:すべてのフォルダにアクセスでき、書き換えもできる。

【バックアップ】
複数のハードディスクでミラーリング(同期)しているので全自動でバックアップされます。
万一、ハードディスク故障の場合は使用者にエラーを発し注意を促します。
ハードディスク一台のみの故障ではサーバーは停止しません。

【OS】
データサーバーの場合、弊社ではLINUX(リナックス)と呼ばれるOSで構成します。
長期間の使用でも再起動することなく、安定したアクセスが可能になります。
セキュリティ面にも強く、ハードディスクの構成変更にも柔軟な対応が可能です。
クライアント数にも制限がないので、追加ライセンスが必要ありません。

②生産ライン停止・業務停止を防ぐ

ご提案3 予備機を備える

企業で大切なのはデータだけではありません。
例えば生産ラインの制御用パソコンがあった場合、そのパソコンが故障してしまうとラインが停止してしまい、大きな損失を与えます。
弊社ではそういったトラブルによる生産ロスをなくすため、まったく同じパソコンを予備機として製作致します。
万一パソコンが故障してしまった場合、予備機でラインを再稼働させることができます。これは大変メリットが大きく、数々のライン停止を救っております。
生産ラインに限らず、事務の業務でも予備機があれば大変助かります。
一刻を争う入札システム等に予備機を備えておくと、大切な仕事に入札できなかったという事態を防ぐことができます。
その他のご要望、ご不明な点がございましたら是非お問い合わせ下さい。

予備機を備える

③故障を防ぐために

前述しましたが機器はいつか故障し、トラブルが発生します。
パソコンは永遠に稼働するものでありません。
しかし、きちんと整備(メンテナンス)をしておけば未然にトラブルを防ぐことは可能です。
機械的な部位は経年劣化やほこりの堆積によってトラブルを引き起こします。
ソフトウェアの部分ではセキュリティが脆弱だったり、ウィルス感染に気が付かず使用していることもよくございます。
特に業務で使用していくためにはそういったメンテナンスは必ず必要になってきます。
弊社ではそういったメンテナンスも喜んで対応させていただいております。

【パソコンの検査項目例】

  • ウィルス・マルウェア検査
  • セキュリティ検査
  • ハードディスク検査
  • メインメモリ検査
  • CPU検査
  • グラフィック系統の検査
  • 冷却系統の検査
  • クリーニング

作業の効率化

パソコンの性能アップや適した環境を構築することによって、作業効率はぐ~んとアップします。
電源スイッチを投入して30秒で起動するものもあれば、3分かかってもデスクトップまで辿りつけないパソコンもあります。当然起動が早い方がすぐに作業ができます。
仮にパソコンが20台あって、起動時間が2分と30秒を比較した場合、90秒x20台ですから、会社全体で1800秒=30分ロスしている計算になります。
現実には起動中には他の仕事をしている場合もありますが、作業中わずかな処理スピードの差でも、会社全体では大きく影響することは間違いありません。
パソコンの性能アップは色々と方法がありますので、パソコンや作業内容にあった方法をご提案します。 買い替え前に是非ご相談下さい。
またパソコンが同じネットワーク上にあれば、共有できるというメリットを生かさない手はありません。
ファイルだけでなく、プリンタやスキャナ、遠隔操作等、わざわざ席を立たなくてもできることはたくさんあります。そういった作業性の向上についてもご提案させていただきます。

①パソコンのスピードアップ

パソコンのスピードアップパソコンのスピードアップと言っても、様々な方法があります。
どれをどのように採用したらいいのか、使用状況に応じて決定しなければなりません。
誤った部分の性能を上げても効果が少ないので、弊社スタッフにお任せいただければと思います。
パソコンのスピードアップには下記のような方法があります。

メインメモリの増設
最も手早い方法で安価で済みます。現在の容量にもよりますが、1GBを4GBへアップすると処理速度が劇的に向上します。(Windows7の場合)
しかし、搭載の基盤の容量制限等があるため、闇雲に容量をアップしても起動しなかったり、効果が出なかったりすることがありますので、使用環境や状況に応じた作業が必要になります。

SSD(エスエスディ)への換装
ハードディスクに替わる記録媒体で、アクセススピードが非常に早く、こちらも劇的に早く処理することが可能になります。
よく整備された高性能パソコンですと、デスクトップまでなんと!10秒程度で起動します。(Windows7 64ビット)
ほとんどのパソコンで換装が可能ですが、ハードディスクに較べて高価であることと、容量が小さいことが弱点です。今後、技術進歩によって改善されていくでしょう。

CPU(シーピーユー)の換装
CPUは中央演算処理装置のことで、人間で言えば頭脳にあたる部分です。
このCPUを高性能なCPUと換装しますが、高性能なCPUは発熱も多くなるので、放熱も変更する必要がある場合もございます。そのため、スペース的に制限があるノートパソコンではあまりお奨めしておりません。

グラフィックカードの増設または換装
グラフィックカードとは、ディスプレイモニターに映像を映し出すためのチップ(GPU)が搭載されたボードのことで、性能が高いほど、繊細な画像でもスムーズにかつ綺麗に描画することができます。
3D CAD等、描画処理にウエイトが大きい場合、効果を発揮します。
作業中にカクカクとコマ送りのようになる場合は、グラフィック性能が追いついていない場合が考えられます。
事務処理等で使うExcelやWord等ではスピードアップ効果はあまり期待できません。

Windowsシステム調整
無駄なソフトウェアが起動していたり、たくさんの常駐ソフトが起動していると動作が鈍くなってしまいます。
また、ウィルス感染でも著しく速度が低下してしまう場合がございます。
これらの無駄なものを停止または削除することによって、スピードアップが期待できます。
Windowsの環境が著しく悪い場合、劇的にスピードアップする場合があります。
この作業には専門知識が必要になります。闇雲に削除すると起動しなくなる場合がありますので注意が必要です。

ちょっとお勉強
「ハードディスクの空きを増やしたんだけど、パソコンが遅いままなんですよ~」というのをよく耳にしますが、実際やってみるとそれほど変わらないものです。まず下記のイラストをご覧下さい。パソコンの処理はこのような感じで行っております。

ちょっとお勉強

本棚=ハードディスク
容量が大きいとたくさんの本(データ)が収納できます。
作業テーブル=メインメモリ
容量が大きいとテーブルが広く効率よく仕事ができます。
作業方法=Windows動作
作業の無駄を省けば短時間で仕事ができます。

例えば1TBのハードディスクで空きが500GBあったとします。
そうそう、本棚のちょうど半分位、本が収納されている状態ですね。
そのパソコンに外付けハードディスクを接続して、写真データや動画データを一生懸命移動して200GB空きを増やして700GBの空きになったとします。
さて、このような作業でパソコンは早くなるのでしょうか?
答えは「No」です。確かに本棚の本は少なくなり、軽そうに思えますが肝心の作業テーブルの大きさが変わらないからです。
ではどうしたら早くなるかと言いますと…できる限り作業テーブル(メインメモリ)を大きくとり、無駄な仕事をパソコンにさせない(Windows最適化)ことがスピードアップにつながります。
パソコンが遅くてお悩みであれば、是非ご相談下さい。

※パソコンの遅い原因はとても多岐に渡りますので、これら以外の場合もございます。

②周辺機器・データの共有

周辺機器にはいろいろなものがありますが、それらを共有して使う方法があります。
共有することによってプリンタ、プロッタ、スキャナー等ネットワーク上のどのパソコンからでも操作ができます。
以前、重たいプリンタを移動してUSBポートへ挿し直してプリントアウトしている光景を見かけましたが、非常に無駄な作業です。
ちょっとした設定で作業性は格段によくなります。 下図はどこにでもよくあるネットワーク構成ですが、この例ではプリンタはパソコンEにのみ接続されていて、パソコンA~Dからはプリントアウトできません。
プリンタの接続されていないパソコンA~Dに共有設定することによって、パソコンE同様プリントアウトすることが可能となります。
また周辺機器だけでなく、ファイルやフォルダも共有設定してあげれば、わざわざUSBメモリ等でデータ移動することなく、ネットワーク上で簡単にデータへアクセスできます。

ネットワーク

③遠隔操作

1階のパソコンから2階のパソコンを操作したいという時等に威力を発揮します。
1階のパソコンからネットワークを介して、2階のパソコンと同じ画面が表示されますので大変便利です。
パソコンの電源を切る作業までできるので、パソコンの電源を切るだけのために階段を上り下りする必要はありません。
インターネットを利用しますので、社内だけでなく、外出先や拠点間の操作も可能です。
実際に使ってみるととっても便利なので、是非お奨めしたいご提案です。

遠隔操作

この様にパソコンには便利な機能がたくさんあり、ちょっとした改善で大きな成果が期待できます。
今回ご紹介させていただきました以外にも、便利な使い方がたくさんあります。
「ここをこうして欲しい」、「これはこういう風にならないか?」等ありましたら、お気軽にお尋ね下さい。

災害に備える

雷、停電、地震、火災、津波…災害はいつ起きるかわかりません。大切なデータや機器を守るためできることは色々とございます。それぞれご紹介させていただきます。

①雷対策

雷対策

落雷があった時、電源(AC100V)とLANからパソコンへ電流が流れます。
よくホームセンター等で販売されている「雷ガード」という商品がありますが、 大電流になってしまうと耐え切れなくなってしまい、機器への入電が懸念されます。
家庭向け雷ガードはサージ耐量2,000A程度で、実際の雷は1,000A~20,000Aと想像できないほどの電流が流れます。
弊社では企業向けに開発された信頼性の高いサージプロテクタと呼ばれる商品をおすすめしております。
サージプロテクタではサージ耐量6,000Aで遮断スピードは3ナノ秒以下で機器を守ります。※1ナノ秒=100万分の1秒
サージプロテクタは電源用とLAN用がありますので、それぞれ設置するのが望ましいと言えます。

②停電対策

UPS

停電もパソコンにとっては大敵で、瞬間的にでも電源が遮断されるとハードディスク等にダメージを与えてしまう可能性があります。
突然電源が遮断されることによって、不具合が生じることはパソコン機器でよくある話です。また作業中のデータが損失するので、何時間もかけて作った資料も一瞬で消えてしまいます。
このようなことにならないよう、UPS(無停電装置)の設置をおすすめ致します。
UPSとはノートパソコンのバッテリのようなもので、電源が遮断されても10分~30分程度は通電を続けますので安心です。その間に安全にシャットダウンを行います。
機器の消費電力にあったUPSを設置していない場合、停電後通電時間が極端に少なくなくなり、シャットダウンが間に合わなくなる可能性がありますので機器にあったUPSを使用しなくてはなりません。
また、UPSとパソコンが連動して自動的にシャットダウンする機能も備えているものもあります。

③地震・雷・津波等の対策

災害対策

東日本大震災地震の津波によって海水に水没したパソコンからデータを復旧した例もありますが、特別な例であり一般的には地震・火災・津波等によって機器に損傷を与えてしまうと、手の施しようがありません。
しかし、データは守れる手段があります。2箇所以上の拠点があれば、拠点間をネットワークで繋ぎ、バックアップサーバーと呼ばれる機器を設置し、重要データのバックアップをとっておくことも可能です。
自動的にミラーリング(同期)するよう設定しますので、普段はほとんど何もしなくて大丈夫です。(メンテナンスは必要です)
そのような複雑なシステムも弊社では構築可能です。ご興味がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。